高血圧

血圧を下げる食品・オリーブオイル

オリーブオイルは悪玉コレステロールを減らしてオレイン酸で高血圧を予防してくれます。オリーブオイルの効果について紹介していきます。

悪玉コレステロールを減らすオレイン酸

オリーブオイル・オレイン酸脂質(油脂)のとり過ぎは、血中のコレステロールを過剰に増やして動脈硬化を進行させたり、カロリー過多から肥満につながったりします。だからといって、脂質の摂取をゼロにすると、健康の維持ができません。脂質は体にとって不可欠の栄養素なので、健康のためには、質のよい油を選び、毎日適量をとるよう心がけることが重要です。一般に使われているサフラワー油や大豆油などの植物油は、リノール酸の含有量が多く、とり過ぎると、悪玉のLDLコレステロールだけでなく、善玉のHDLコレステロールも減らして、免疫力を低下させるという難点があります。それに対し、オリーブオイルに70%以上も含まれるオレイン酸は、LDLコレステロールを減らし、HDLコレステロールを増化させます。また、活性酸素をやっつけるポリフェノールも含まれているので、LDLコレステロールの酸化が抑えることができます。それによって、血液がドロドロになるのを防ぎ、血管の若さを保ち、動脈硬化を予防します。ただし、オリーブオイルが体に良いとはいえ、高カロリーなので、とり過ぎには注意しましょう。油の摂取は、量より質を重視し、妙め物やサラダのドレッシングなどに、適量を使うよう心がけましょう。

オリーブオイルの種類

オリーブオイルの種類オリーブオイルには、純度の高いエクストラヴァージンと、フレンドしたピュアの2種類があります。エクストラヴァージンはドレッシングや料理の仕上げなどに加熱しないで用い、ピュアは炒め物など火を通す料理に用いります。なおエクストラヴァージンは、澄んだ緑色をした高品質のものを選びましょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ