高血圧

血圧を下げる食品・いか・たこ・貝類

いか・たこ・貝類に多く含まれるタウリンは高血圧を改善し、肝臓や心臓の機能をアップしてくれます。いか・たこ・貝類の効果について紹介していきます。

いか、たこ、貝類に多く含まれるタウリンの働き

イカ・タコ・貝類魚介類を常食する地域の人には高血圧や血栓症が少ないことが知られていますが、その理由として、魚に含まれるEPAやDHAの働きのほかに、いか、たこ、貝類に多く含まれるタウリンの働きも注目されています。タウリンはアミノ酸の一種で、人の体では脳、心臓、肝臓、血液、目などのあらゆる臓器に存在しています。抗酸化作用が強く、生命活動を維持するのに欠かせない成分です。そのため、タウリンを十分補うことで、体の各部分の機能を高め、病気などに対する抵抗力をつけることができます。人は興奮したり、ストレスがたまったりすると、体内でカテコールアミンという昇庄因子が増えて、それによって血圧を上がりますが、タウリンにはこの物質の放出を抑える働きがあり、血圧を調整してくれます。また、交感神経を抑制する働きによって、塩分などが原因で起きる高血圧を改善することもわかっています。加えて、肝臓の機能を高めて、胆汁酸の分泌を促進し、それによって血中コレステロールを減らし、高血圧や動脈硬化を予防します。またタウリンには、心臓から出て行く血液の量を増やしたり、心筋の収縮力を高める効果もあり、脳卒中や心疾患の予防にも効果を発揮します。さらに、タウリンは疲労のもととなる乳酸の蓄積を抑え、疲労の回復を促進するのにも有効です。日ごろ忙しくて疲れがたまりやすい人は、多めに補っておくといいでしょう。タウリンは、魚介類のほかに、ほたて貝やしじみなどの貝類にも豊富に含まれています。貝類には、肉に負けないほど良質のたんばく質が含まれており、カルシウムや鉄などのミネラルやビタミンも豊富です。生活習慣病全般の予防に効果があり、カロリーも低くて安心して食べられるので、ダイエットにも効果的です。

コレステロールが多い食品の料理法

Recipes for Shellfish, Squid,.jpg魚介類のうち、コレステロール含有量が多いのは、いか(生するめいか100g中270mg、焼きするめいか100g中380mg)、たこ(生まだこ100g中150mg)など。コレステロール値が高めの人は食べるのをひかえるよう言われることもありますが、頻繁でなければ、それほど神経質になる必要はありません。ただし、調理法と食べ合わせには、配慮しましょう。調理法では、揚げ物をひかえ、さしみ、うす味の煮物や煮つけにします。食べ合わせでは、食物繊維を多く含む野菜や海藻を組み合わせましよう。

タウリンを多く含む魚介類

たこ

高タンパクで低カロリー

たこは良質のたんばく質を豊富に含み、低カロリーな食品です。しかも、消化に時間がかかるので、ダイエット効果のある食材として人気です。当然タウリンも豊富で、血圧を安定させ、血中脂質を減らす働きをします。また、亜鉛も多いので、血流を促進し、免疫力を高め、傷の治りを早くするのにも効果的です。ただし、胃腸の弱い人は食べ過ぎないように注意しましょう。

いか

EPAやDHAを含む

いかは良質なたんぱく質やタウリンのほか、EPAやDHAも含むので、総合的な栄養価が高く、高血圧予防に効果的な食品です。コレステロールが多めですが、タウリンを含むので、相殺効果があります。量や料理法に気をつければ、それほどコレステロール値は上がりません。揚げ物を避けて刺身や煮物で適度に楽しむといいでしょう。低カロリーなので、ダイエット中の人にもおすすめです。

あさり

肝臓の機能を高める

あさりには良質のたんばく質やタウリンのほか、ビタミンB2やB12が豊富に含まれています。ビタミンB2は脂質の代謝に関わって肥満を防ぎます。ビタミンB12は貧血を予防・改善し、肝臓の機能を強化します。また、鉄やカルシウムも多いので、貧血の予防・改善効果を高めます。新鮮なあさりかを選ぶポイントは、殻の模様がはっきりしていることと、殻をしっかり閉じていることです。

かき

亜鉛で血流をよくする

「海のミルク」と呼ばれるかきは、良質なたんばく質やタウリン、各種ビタミンやミネラルを含む、非常に栄養価の高い食品です。とくに、亜鉛が豊富に含まれており、血流の促進や免疫力アップに効果的です。鉄や銅などのミネラルも多く、亜鉛とともに貧血の改善に働きます。また、DHAも含まれているので、タウリンとともに高血圧の予防や改善に効果を発揮します。

スポンサードリンク

ページの先頭へ