高血圧

血圧を下げる食品・雑穀・玄米

玄米は精白米に比べて食物繊維を豊富に含まれています。最近、雑穀や玄米の人気が高まっているのはその為です。雑穀の効果について紹介していきます。

毎日のご飯を変えると、体も変わる

食物繊維が豊富な雑穀精白米は、玄米からぬかや胚芽を取り除いて精製したものです。精白米は味が洗練されるという長所はありますが、ビタミンやミネラルの栄養分は取り除かれています。近年は、日本古来の穀物が見直されており、米を精製しない玄米や、米以外の麦、ひえ、粟、キヌアなどの雑穀の人気が高まっています。これらの穀物に共通なのは、食物繊維を豊富に含むことです。とくに大麦は、精白米の約18倍もの食物繊維を含んでおり、体内のナトリウムの排泄を促して血圧を調整し、便秘を予防します。また、精白米には少ないビタミンB群も玄米や麦類には多く、脂質や糖質の代謝を促進し、肥満予防に効果があります。ひえ、粟、きびにはミネラル類も豊富に含まれています。近年は、精白米と同様に炊ける玄米や、精白米にブレンドして炊く雑穀が市販されていて、手軽に利用することができます。ご飯は毎日食べるものであり、食事の全体量に占める割合も大きいので、ご飯を変えると、体にもよい変化が現れるでしょう。

主な雑穀の成分と特徴

玄米
食物繊維、ビタミンB1・ビタミンE、アミノ酸が豊富。ナトリウを排泄して高血圧を予防します。
大 麦
食物繊維、ビタミンB1、鉄、カルシウムが豊富。精白米にブレンドして炊きます。
はと麦
ビタミンBいβ2、オレイン酸含み、余分な血中脂質の排を促します。精白米にフレンドします。
黒米・赤米
食物繊維、ビタミンB群、ミネラルが豊富。抗酸化作用があります。精白米にフレンドします。
ひえ・粟・きび
ミネラル、ビタミンB群が豊富。脂質や糖質の代謝を促進。橋白米にブレンドします。
キヌア
たんばく質(必須アミノ酸)、サポニンが豊富で、高血圧を予防。精白米にフレンドします。

スポンサードリンク

ページの先頭へ