高血圧

正しい生活習慣が高血圧予防に

高血圧を予防し、血圧を急上昇させない為には、ゆったりとしたリズムの生活習慣が大切です。特に朝は、余裕を持って行動しましょう。

生活リズムを整えて血圧をコントロール

生活習慣血圧は1日のなかで変動を繰り返しています。その幅が自然なものであれば問題はありませんが、高血圧の人の場合、日常生活の何気ない行動が、血圧の急上昇を招くことがあり、脳卒中や心筋梗塞のリスクも高まります。
よって、自己療養では、急激な血圧上昇を防ぐ生活を心がけることも重要です。
特に注意が必要な時間帯は、起床から外出までの朝の時間。寝ている間に下がった血圧は、起床時に上昇するので、注意が必要です。日中は、適度に休みながら行動し、夜眠る前は、心身を癒す時間を持ちましょう。

慌ただしく準備をすると、起床時の高めの血圧からさらに上昇してしまいます。外出の1時間前には起き、ゆったりとしたペースで1日をスタートさせましよう。

●出かける1時間前には起きる

布団の上に座って腹式呼吸を行ったり、布団に横になったまま軽い体操を行うと、気分が落ち着き、血行も促進され、起き上がりやすいです。

●洗顔はぬるま湯で

冷水で洗うと、血管が収縮して血圧が上昇するので、ぬるま湯を使いましょう。また、脳の血流に大きな変化を生じないように、頭をあまり下げない姿勢で行います。

●排尿後に血圧測定

起床後1時間以内、安静状態5分以上で測定します。

●朝食をきちんととる

DASH食の栄養バランスを考慮した朝食を。

●通勤時間に余裕を持つ

早足で1駅分を歩き、階段を積極的に利用すると、運動療法になります。ただし、駆け足や階段の駆け上がりは禁物です。ラッシュも、できれば避けましょう。また、マイカー出勤は、運転時の緊張で血圧が上がるので余裕を持って家を出ましょう。

午前9時から午後5時までは、血圧が高めの時間帯です。仕事中は、ストレスも加わるので、血圧はさらに上がり事が多いです。適度に休憩をとり、深呼暇や簡単な体操を行いましょう。

仕事をしている人

●仕事は無理のないスケジュールで

ひとりで大量の仕事をかかえこまないようにしましょう。仕事も大切ですがが、自分の体はもっと大事です。

●ときどき休憩をとる

仕事の合間に深呼吸や簡単な体操を行うと、気分転換や血行促進になり、血圧が下がります。トイレに立つ時間も有効的に利用しましょう。

家庭にいる人

●掃除や買物などでこまめに動く

テレビやパソコンの前にいる時間が長いと、運動不足からくる肥満につながりがちになります。家事をこまめに行うだけでも、消費カロリーは増えます。

●間食に注意

家にいると、ついつい間食が多くなります。3食をきちんととり、間食は控え目にしましょう。

夜は、心身をゆっくり休める時間です。就寝前に趣味を楽しむ時間を持つと、ストレス解消につながります。また、睡眠不足は血圧を上げるので、夜更かしは避けましょう。

●夕食は家でとる

仕事帰りお酒を少なめにし、できるだけ家で夕食をとります。朝食同様に、栄養バランスに気をつけます。

●ぬるめの鴇で入浴

38~40℃の湯に、半身浴で短時間つかりましょう。

●好きなことを楽しむ

1日1回、趣味を楽しむ時間を持つと、心身が癒されます。

●就寝前に血圧測定

寝る準備を整えたあと、安静な状態で血圧を測定します。

スポンサードリンク

ページの先頭へ