高血圧

血圧を下げる食品・柿

柿にはタンニンなど、高血圧に有効な成分がたくさん含まれています。柿の効果について紹介していきます。

柿の渋みのタンニンが高血圧を予防

柿・渋みタンニン「柿が赤くなると医者が青くなる」と言われますが、この言葉のとおり、柿は良質な栄養分が豊富な食品です。そのひとつが[柿の渋]。この柿の渋みの正体は、ポリフェノールの一種であるタンニンです。強い抗酸化力があるため、体内の活性酸素をやっつけて、悪玉のLDLコレステロールの酸化や血管壁の老化を防ぎ、血圧を調整するとともに、動脈硬化を予防してくれます。収穫された柿は、食べやすいように渋みを取る「脱渋」を経た後に出荷されますが、この作業では、水溶性タンニンを不溶性タンニンに変えることで渋みを取るので、甘い柿にも、タンニンの有効成分は残っています。柿にはビタミンCや、植物が持っている色素成分の一種であるリコピンやβ-カロテンも豊富に含まれています。これらの成分はタンニン同様、抗酸化力が強く、高血圧の改善や予防に役立ちます。とくにビタミンCは、柿1個で成人の1日の摂取基準量をほとんど満たすほど多く含まれており、健康面のほか、シミ予防など美容面での効果も期待できます。加えて、体内の余分なナトリウムの排泄を促すカリウムや食物繊維も豊富です。また、昔から、酒を飲む前に柿や干し柿を食べておくと、悪酔いを防いでくれると言われています。これは、柿に含まれるタンニンや食物繊維がアルコールの吸収を抑え、カリウムの利尿作用などが働くためです。柿の出回る秋には、ぜひ食卓に取り入れましょう。

スポンサードリンク

ページの先頭へ