高血圧

メタボリックシンドロームについて

肥満で高血圧の人は注意が必要なのがメタボリックシンドロームです。症状が軽度でも動脈硬化が進行していきます。メタボリックシンドロームについて紹介していきます。

メタボリック・シンドロームは動脈硬化を進行させるもうひとつのメカニズム

高血圧が続くことで、動脈硬化が進むことは有名ですが、近年はこれに加え、高血圧を含む複数の危険因子が重なることで、動脈硬化が進行することが指摘されています。つまり、血圧が高い状態から動脈硬化が進むメカニズムには、高血圧を主要因として起こる血管の硬化複数の生活習慣病が重なり、それらの影響関係によって起こる血管の硬化 (メタボリック・シンドローム)の2つのルートがあります。このため、命に関わる病気につながる動脈硬化を防ぐには、ほかの生活習慣病にも注意が必要となります。

軽度の症状でも油断は禁物

メタボリック・シンドロームメタボリック・シンドロームには4つの危険因子があり、そのうち、内臓の周囲に脂肪がたまる内臓脂肪塑肥満が診断の基本になります。ほかの3つの因子は、高血圧、脂質異常、高血糖で、これらの生活習慣病が重なることで、単独の症状としては比較的軽い境界型でも、動脈硬化の危険性が増すと考えられています。かつては、単独の病気の症状が軽度であれば、注意を促すだけの臨床対応が一般的でした。しかし、メタボリック・シンドロームの診断基準からは、比較的軽度の危険因子を複数かかえている人も療養を行い、それぞれの病気自体の改善を行いながら、動脈硬化の進行を予防していくことが重要となります。

あなたのメタボリック・シンドローム診断・治療

2005年に策定された日本人向けの診断基準が以下のものです。
以下のチェック①の肥満+2項目以上だとメタポリツク・シンドロームに該当します。

チェック①

肥満(腹囲⇒男性85cm以上 女性90cm以上)

肥満度の体格指数BMlは用いず、おへその高さの腹回を計測します。胴の細いところではなく、おへその周囲を測定するよう、注意しましょう。

チェック②

高血圧(最大血圧・収縮期)⇒130mmhgまたは最小血圧・拡張期)⇒85mmhg以上

高血圧領域は、140/90mmHg以上ですが、境界型(正常高値血圧)から危険域に入ります。

チェック③

脂質異常(中性脂肪⇒150mg/dℓ以上またはHDLコレステロール⇒40mg/dℓ未満)

「悪玉」のLDLコレステロールではなく、中性脂肪とHDLコレステロールのほうが、ほかの生活習慣病との関係が強いため、このどちらかで診断します。

チェック④

高血糖(糖尿病)(空腹時血糖値⇒110mg/dℓ以上以上)

糖尿病と診断されるのは、空腹時血糖値126mg/dℓ以上です。110mg/dℓ以上の、いわゆる糖尿病予備群から危険域に入ります。

メタボリツク・シンドロームの治療

メタボリツク・シンドロームの治療の基本は、内臓脂肪型肥満の改善です。内臓脂肪型肥満では、肥満細胞から糖代謝に関わるホルモンであるインスリンの働きを妨げる物質が分泌され、インスリン抵抗性を生じ、高血糖となります。また、血液中の中性脂肪が増えるため、高脂血症が引き起こされます。更に、インスリン抵抗性の状態が続くと、血糖値を下げようとしてインスリンの分泌が過剰になるため、血液中のインスリン濃度が高くなる高インスリン血症が起こります。高インスリン血症になると、腎臓でのナトリウムの再吸収が促進されるため、循環血液量が増加して血圧が上がり、これが長く続くと高血圧になります。このように、内臓脂肪型肥満は、インスリン抵抗性と高インスリン血症を介して、高血糖、脂質異常、高血圧を引き起こします。この連鎖の悪循環を防ぐには、その起点となる内臓脂肪型肥満を、食生活の改善や適度な運動によって改善していくことが重要になります。

スポンサードリンク

ページの先頭へ